仕事として在宅介護をすること

###Site Name###

介護と呼べるものは色々な形があります。


施設でのものや住み慣れた家でのものなど。

施設に入ることは入所時や年間費などかかる費用は安いとは言えないでしょうが、24時間見守ってくれているので何かあった時の対処を考えると安心です。

自分が老いて介護が必要となった時にしかどうしたいとはっきりと気持ちが決まらないでしょうが、家で介護を受けられるのは精神的に落ち着くでしょう。



体調の良い時には家の庭を手入れしたり、散歩に出たり、やりたいことをやれます。
ヘルパーとして在宅介護に行った時、家で家族がそばにいて介護されてる方は表情が明るかったり、お話をたくさんしてくださった方が多かったです。

第一に家族の協力が必要となりますが、自分の家だからこそできることを見つけてやっていく、それがリハビリにもつながっていました。介護というのは何から何までしてあげることではなく、本人が出来る物は時間をかけてでもやってもらう、時には思うようにいかずイライラさせてしまうこともあるでしょうが、できた時の達成感を味わい、現状維持ではなく、少し困難になりがちなことでも挑戦しつづけることでリハビリとなるのならやっていただきたいです。


もちろん無理強いはいけません。




健全な人でも気分は変わるのだから、介護される人の気持ちを尊重しつつ少しお手伝いをすることが大切でしょう。



またヘルパーは仕事として入るのだからやって良いことに制限があります。




でもできる限りのことを丁寧にいつも明るく行っていきたいものです。



http://www.yokokai.or.jp/
http://osaka-rokyo.or.jp/
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000048000.pdf